記事詳細

安倍首相「私の夫婦も子宝に恵まれず、つらい」 石破氏「(杉田氏は)生産性の理解がない」 LGBT巡る杉田議員寄稿問題

 自民党総裁選に立候補している安倍晋三首相(党総裁)と、石破茂元幹事長は17日、TBSの番組収録に出演した。

 安倍首相は、自民党の杉田水脈衆院議員が7月発売の月刊誌「新潮45」に、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問があると寄稿したことについて、「私の夫婦も子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる」と指摘した。同時に「同じ自民党だから、『おまえ辞めろ』と言うのではなく、注意して仕事をしてもらいたい」と語った。

 一方、石破氏は「(杉田氏は)生産性の理解が全然ない。LGBTの人たちの気持ちを傷つけていいなどということにはならない」と批判した。

 「新潮45」は18日発売の10月号で、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という特別企画を掲載。教育研究者の藤岡信勝氏や、文芸評論家の小川榮太郎氏、元参院議員の松浦大悟氏らが寄稿している。

関連ニュース