記事詳細

トランプ大統領、南北“茶番劇”に「様子見」か 共和党重鎮からは会談自体を懸念する声も (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談の結果に「歓迎の意向」を表明した。米国が求める「北朝鮮の非核化」とは大きな乖離(かいり)があるが、11月の中間選挙を見据えた計算とみられる。ただ、米国では懐疑的な見方が強く、トランプ氏がいつ豹変(ひょうへん)してもおかしくはない。

 「北朝鮮と韓国から、素晴らしい知らせがもたらされた。大きな進展があった」

 トランプ氏は19日(米国時間)、記者団に南北首脳会談の感想をこう語った。

 マイク・ポンペオ国務長官も同日、会談を「成功」とする声明を発表し、米朝交渉を即時再開する用意があると表明した。さらに、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相に対し、ニューヨークで来週に開かれる国連総会に合わせた会談を呼び掛けた。

 だが、会談結果は米国を満足させるものとは到底言えない。

 会談で合意した「9月平壌(ピョンヤン)共同宣言」では、非核化措置として、米国の相応の措置を条件に、平壌北方の寧辺(ニョンビョン)にある核施設の永久廃棄など追加措置を取るという内容が盛り込まれた。事実上、米国から、朝鮮戦争(1950~53年)の「終戦宣言」などの見返りなしには、非核化に取り組まないという宣言に等しい。

関連ニュース