記事詳細

ノーベル賞予想、金久実・京大教授が候補に 全遺伝情報のデータベース開発

 米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、ノーベル賞を受賞する可能性が高い研究者として、ゲノム(全遺伝情報)のデータベースを開発した金久実京都大特任教授(70)と海外の16人を選んだと発表した。

 金久氏は1995年に独自のデータベース「KEGG」の運用を開始。生物の体内で行われる代謝などの化学反応と遺伝子の関係といった複雑な仕組みを示す、斬新な情報が盛り込まれたことから世界中で利用されるようになった。8000回を超えて他の研究者に引用された論文もあり、ノーベル医学生理学賞にふさわしいと評価した。

 同社が過去に予想した日本人26人のうち実際に受賞したのは山中伸弥京都大教授、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授、大隅良典東京工業大栄誉教授の3人。今年のノーベル賞発表は10月1日に始まる。

関連ニュース