記事詳細

二階氏、小沢氏、進次郎氏ら投入 沖縄知事選で与野党総力戦 (1/2ページ)

 沖縄県知事選(30日投開票)は最終盤となり、与野党が相次いで幹部クラスを投入し、総力戦を繰り広げている。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を争点にした勝敗の行方は、安倍晋三首相の政権運営を左右するだけに、一首長選の枠を超えた全面対決の様相を呈す。与党側が組織票固めと「空中戦」で猛追する一方、野党陣営は、共産党隠しといえる「ステルス作戦」で、無党派層の取り込みを狙う。

 注目の死闘は、辺野古移設阻止を掲げる自由党前衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)が、「普天間飛行場の早期返還」を訴える前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=をややリードしている。

 佐喜真陣営を牽引(けんいん)するのは、自民党の二階俊博幹事長だ。

 25日は那覇市内の会合で、企業関係者ら約600人に「皆さんが一生懸命応援してくれれば、佐喜真氏は間違いなく当選する。力を結集して頑張ろう」と呼びかけた。二階氏の沖縄入りは、今月だけで3回目。沖縄本島だけでなく、宮古島や久米島にも飛んだ。

 駆けつけたのは、二階氏だけではない。16日は、沖縄基地負担軽減担当相も務める菅義偉官房長官と、小泉進次郎筆頭副幹事長が県庁前で並び立ち、佐喜真氏支持を訴えた。

関連ニュース