記事詳細

【新・カジノ情報局】“キング・オブ・カジノ”「バカラ」に必勝法があるとすれば… (1/2ページ)

★勝てるゲーム 勝てないゲーム(2)

 「バカラ」は“キング・オブ・カジノ”と呼ばれ、カジノの中で最も大きな賭け金が動くゲーム。ルールが簡単でかつ勝てる可能性が高い。

 「バンカー(B)」「プレーヤー(P)」のどちらかが“9”に近いかを予想するだけ。当たったときの配当は2倍だが、ほぼ半分の的中確率があり、期待値(払戻率)が高いのが魅力だ。

 Bの期待値=98・94%、Pの期待値=98・76%。無謀な大勝負をしないで、半々の確率で当たったり外れたりを続ければ、結構遊べる。

 気になるのは配当が9倍の「タイ(T)」ベット。これは引き分けに賭けるもの。カードの出方には当然バラつきがあり、時には引き分けが頻発するテーブルに座ることもあるだろう。それでも数学的にはTが出現する確率は9・52%。9倍でも期待値は85・68%にとどまる。賭け続けるのはおすすめできない。

 

 その昔、マカオの老舗カジノ・リスボアで遊んでいたころに比べると、近年のバカラ台の雰囲気は随分変わった。

 以前は1ゲーム終わるたびに、専用の方眼紙に結果を書き込む作業へ。赤色と青色のお尻をくっつけた2色鉛筆をもらい、Bなら赤丸、Pなら青丸、Tなら斜線をつけていくのだ。ラスベガスでは同席した人がB=青(Blueだからか?)、P=赤と逆につけていることに気づかず、それでもなぜか当たっていたことが懐かしい。

関連ニュース