記事詳細

【松井一郎 維新伝心】韓国への護衛艦派遣拒否は当然 大阪市の米サンフランシスコとの姉妹都市解消もやむを得ず (1/2ページ)

 第4次安倍改造内閣が先週、本格スタートした。安倍晋三首相は「政権の土台」と位置付ける、麻生太郎副総理兼財務相や、菅義偉官房長官を留任させ、党内の派閥にも配慮して12人を初入閣させた。私はこの顔ぶれを見て、憲法改正などを見据えた「安全運転内閣」だと思った。

 報道各社の世論調査では、内閣支持率は「横ばいか微減」のようだ。メディアや識者の一部は「改造失敗」を印象付けるような報道をしていたが、悪意を感じる。政権奪還から6年もたって、いまだに5割前後の支持率を維持しているのは驚異的だ。

 この数字を見る限り、日本国民は安倍内閣に「合格点」を与えている。新内閣には、ぜひ、日本を良くするための政策を進めてほしい。

 大阪府は現在、2025年万国博覧会の招致を強力に進めている。これは、20年東京五輪・パラリンピック後の景気浮揚の起爆剤にもなる。国の担当である、河野太郎外相と世耕弘成経産相には大いに期待している。

 そして、日本維新の会は野党なので、当然、内閣の仕事については厳しくチェックしていく。

 さて、日本政府は先週末、韓国南部・済州(チェジュ)島で10日から開かれる「国際観艦式」への、海上自衛隊の護衛艦派遣を取りやめた。韓国側が、自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛など、国際法を無視した要求をしてきたため、「応じられない」と判断したという。

関連ニュース