記事詳細

自民・工藤政務官が代表の政治団体 集会での収入記載せず

 工藤彰三・国土交通政務官(自民党・麻生派)が代表を務める政治団体「彰友会」が2014、15年に総会や国政報告会を開いて得た収入を当初、政治資金収支報告書にまったく記載していなかったことが15日、分かった。工藤氏側は今年9月に訂正している。

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で「政治家として工藤氏自身がしっかりと説明すべき問題だ」と工藤氏に説明責任があるとの見解を示した。

 工藤氏のホームページによると、彰友会は14、15年、名古屋市のホテルで総会や国政報告会を開催したことになっている。だが愛知県選挙管理委員会に当初、提出していた収支報告書にはこれらの集会で得た収入に関する記載が一切なかった。収支報告書は今年9月5日に訂正され、14年分に総会を2回開催したとして49万円と約52万円を、15年分には国政報告会を開いたとして190万円を追加した。