記事詳細

突如「ポスト安倍」に浮上した「加藤勝信」とは何者か (1/5ページ)

 権力者の「最後の大仕事」が後継者づくりであることは古今東西変わらない。残り任期が「最大3年」となった安倍晋三首相にとっても例外ではない。そんな状況下で、にわかに“ポスト安倍”として浮上してきた男がいる。その名は「加藤勝信」。ん?誰!?

 ◆“かっちゃん、どうするの?”

 永田町では「読売が書けば政局が動く」と言われる。

 与野党の意表を突いた安倍首相の“抜き打ち解散”(2014年11月)をいち早く報じ、昨年の憲法記念日には首相の憲法改正私案を独占スクープ。安倍氏をして「私の自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあるので熟読してもらってもいい」と言わしめたことはまだ記憶に新しい。

 その読売が今度は全くノーマークの人物を“次期首相”と報じた。

 「ポスト安倍 加藤氏急浮上 再び要職 首相の信頼厚く」

 との見出しで、自民党総務会長に抜擢された加藤勝信・前厚労相が「総裁候補に躍り出た」と書いた。

 〈「首相は加藤氏を首相候補に育てるつもりだ。任期を終えたら派閥会長となり、支援に回るかも知れない」(首相に近い議員)という観測が出ている〉(10月5日付)

 読売報道をきっかけに、〈加藤氏が「ポスト安倍」意欲〉(朝日)、〈2派閥統一候補に急浮上〉(産経)と各紙が一斉にスポットライトをあてている。

 もっとも国民が「加藤」と聞いても、下の名前も、顔もすぐには浮かんでこない。

NEWSポストセブン

関連ニュース