記事詳細

【新・カジノ情報局】ルーレット「勝敗の分かれ目」 “シングルゼロ台”なら払戻し率97.3% (1/2ページ)

★勝てるゲーム 勝てないゲーム(6)

 “カジノの女王”「ルーレット」は、「大小」などに比べると、ある意味、フェアなゲームだといえる。大小はチップを賭けるレイアウトの中に、カジノにとって収益性の大きい賭け方を忍ばせている。例えば「特定のゾロ目」を当てれば151倍の高配当だが、その期待値は69・9%どまり。

 対してルーレットは、チップをどこに賭けても期待値が変わらない。“アウトサイドベット”と呼ばれる「赤/黒」「奇数/偶数」「ハイ/ロー」は、当たる確率が約1/2で、それに2倍の配当がつく。

 一方、出る数字をピンポイントで狙う“インサイドベット”にはさまざまな賭け方があるが、的中確率が約1/36の「1点賭け」は36倍。6つの数字に賭ける「ライン」は確率約1/6のところに6倍の配当だ。1点勝負であろうが、チップをばらまいて広く網を張っても、あとはもう運任せ。戻ってくる配当の期待値は同じなのだ。

 実は「運命の分かれ道」はチップを賭ける前にある。

 図は『カジノ・アンギャン・レ・バン』に置かれているルーレット台の数字の配置だ。“あれ? 自分が遊んだことのあるルーレットと違うぞ”と思った方がいるかもしれない。それには緑色の「0」に加え、対角線の位置にもう一つの緑枠「00」(ダブルゼロ)があったのではないだろうか。ラスベガスなど、世界で広く使われているのが「アメリカンルーレット」と呼ばれるダブルゼロ・タイプなのだ。パリやモナコなどのシングルゼロ台は「ヨーロピアンルーレット」という。

 客が「0」か「00」以外の数字、あるいはアウトサイドベットに賭けていて、いずれかのゼロ(緑色のスポット)にボールが落ちたときは“親の総取り”=すべての賭けが自動的に負けになる。これがルーレットにおけるカジノ側の取り分だ。

関連ニュース