記事詳細

児童買春容疑 34歳の警視庁巡査長を逮捕

 少女に現金を渡してみだらな行為をしたなどとして、警視庁は30日、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、同庁府中署地域課の巡査長、平出直樹容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は4~6月、東京都新宿区で18歳未満と知りながら、少女2人に現金計8万5000円を渡して複数回みだらな行為するなどした疑い。

 警視庁によると、平出容疑者は少女2人と都内のJKビジネス店で知り合った。埼玉県警が別の店を摘発した際、客だった平出容疑者が浮上し、警視庁に連絡していた。