記事詳細

桜田五輪相“勉強不足”で物議 国会答弁で迷走… 識者「ひどすぎる。第4次安倍内閣の弱点」 (2/2ページ)

 人の名前を間違うのは最低だが、野党が大臣の基礎知識を試すようなクイズをするのも問題だ。そもそも、政治家の言い間違いは、与野党問わず枚挙にいとまがない。

 麻生太郎副総理兼財務相が、「未曾有(みぞう)」を「ミゾウユウ」、「踏襲(とうしゅう)」を「フシュウ」と誤読したのは有名だ。

 2011年1月の参院本会議で、当時の菅直人首相(現立憲民主党最高顧問)が、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を「IPP協定」と発言。「疾病(しっぺい)」を「シツビョウ」と誤読したこともある。

 政治評論家の小林吉弥氏は「桜田氏は勉強不足でひどすぎる。第4次安倍改造内閣の弱点だ。ただ、野党も閣僚追及のパフォーマンスに終始している感がある。揚げ足取りに見えなくもない。本来の野党の役割である『政権交代を目指し、国民の期待に応えられるような追及』にはなっていない」と語った。

関連ニュース