記事詳細

【勝負師たちの系譜】容易ではなかった「竜王戦」の創設…大山名人が反対 (2/2ページ)

 これは2年前、竜王戦が京都・天龍寺で行われた際、京都ホテルオークラでの解説会とは別に、お寺の対局場に入って、初手や封じ手を見る、棋士との昼食会、特別指導対局を受けられるファンを募集したのが始まりだった。

 今回も前夜祭出席から始まる、フル参加の竜王コース以下、さまざまなコースに多くのファンが応募した。

 第1局は羽生善治竜王が勝ち、次の福岡県・福津市「宮地嶽神社」と羽生が連勝し、防衛に大きく近づいたと思えたのだが、第3局の茨城県「鹿島神宮」、次の京都府「福知山城」を挑戦者の広瀬章人八段が連勝して返し、残りは改めて三番勝負を戦うこととなった。

 このところの対局場は、神社やお城などが多いのが特徴で、地元の自治体がタイトル戦を、街の宣伝、街おこしに使っていただけるのはありがたいことである。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース