記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「聖」》「ソフトパワーの勝利、大阪万博までのスケジュールは 神聖?な場所でもある会場整備」 (1/2ページ)

 半世紀ぶりに大阪に万博がやって来る-。2025年国際博覧会(万博)の誘致を勝ち取った日本。待望の開催地決定を引き寄せたのは、官民による国際貢献の実績や国としての信頼感を前面に打ち出した、地道で戦略的な誘致活動だ。加えて、海外でも人気のキャラクター「ポケットモンスター」や「ハローキティ」も誘致PRキャラとして親しみと存在感を放ち、日本の圧巻のソフトパワーを見せつけた。

 外務省は両キャラを万博誘致特使に任命。海外での誘致活動には両キャラクターに浴衣やはっぴを着せたぬいぐるみやファイル、ピンバッチなどのグッズを配った。

 「頑張ってください! イタリアから応援しています!」「絶対誘致成功してほしい」。誘致委のホームページではポケモンとコラボした心理テストのページに世界中から応援メッセージが書き込まれている。アクセスは10万以上に上った。

 国内でのイベントでも「ポケモン」「キティ」目当ての子供や親子連れが多く集まった。

 集大成となる最終プレゼンでは着物を着たキティが登場、歓声を浴びた。日本の正攻法を象徴する、こうした“キャラクター外交”は万博誘致の確実な追い風となり、勝利となって結実したといえる。

 ただ、決まってからが大変だ。万博に間に合わせるため、ありとあらゆる準備を進めていく必要がある。中でも会場整備は、神聖な場所というと大げさだが、最も大切なものだ。