記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】箸文化を冒涜…ドルガバ問題、日本人も怒っていい (1/2ページ)

 ゴーン・ショックに揺れるフランスでの、万国博の投票でしたが、見事大阪に決定。ひと安心しております。

 大阪万博は、今後日本経済にどのような影響をもたらすでしょうか? これは「デジャブ」、すなわち既視感が漂うんじゃないですかね。

 つまり1964年の東京オリンピック後に、70年の大阪万博開催。そのイメージが2020年東京オリンピック開催後の5年後、25年の大阪万博につながります。そこまでは景気が持ちこたえるかなと。

 少子化、老人社会、赤字財政、年金崩壊、派遣労働者増加と、どっから崩れてもおかしくない日本経済です。25年まで持続すれば、バンザイじゃないですか。

 その後はどうなるか? 最初の大阪万博の3年後、73年にオイルショックが始まります。ということは、今回がモラトリアム景気の最後、せいぜい人生を楽しみましょう。

 延命策は、ゴーン・ショックやドルガバ炎上のような現象で、欧米の圧力を撥(は)ね退けるしかないです

 ゴーン容疑者は100億円近くも取りやがってけしからんと言ってますが、ルノー本体は累計1兆円ぐらい日産から取っていますからね。問題の本質は、日本の経済植民地化です。昔お世話になったとはいえ、そろそろ、日産が独立してもいいんじゃないの? 個人的にはそう思っています。

関連ニュース