記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】行き場なくす日本の次世代原子炉開発 日仏共同「アストリッド」計画凍結、中国では新型原発稼働ラッシュ (1/2ページ)

 日本がフランスと共同で進めている次世代原子炉開発について、フランス政府は2020年以降、計画を凍結する。19年で研究を中断、20年以降は予算をつけないという。この次世代炉は、フランスに建設する予定だった高速炉実証炉「アストリッド」。原子力発電所から出る使用済み核燃料を減らすことに使える原子炉だ。

 日本は一昨年12月に高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定し、今後の原発の研究開発にはアストリッドのデータを活用する計画だった。日本はこの計画にすでに約200億円を投じている。

 このニュースを伝えた日経新聞には「日本の原子力政策にとって、大きな打撃となる」とあった。日本の原子力政策といっても、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル政策を、フランスにカネを出して都合よく便乗しているだけ。打撃も何もない。

 実はフランスには実験炉「ラプソディー」、原型炉「フェニックス」、実証炉「スーパーフェニックス」があって、アストリッドは必要なかった。ただ、「日本がカネを出すというのなら、一緒にやってもいいよ」ということだった。だが、マクロン大統領が原発依存度を現在の70%強から50%まで落とす方針を決めてポシャってしまったのだ。

 アストリッドは、もんじゅとは違ってプルトニウムを生み出すことはなく、効率的にプルトニウムを消費できる技術を期待されていた。これにより、日本の使用済み核燃料はさらに行き場を失うことになる。

 核燃料サイクルの構想は、原爆何千発分にも相当するプルトニウムを保有することに対し、世界から「そのうち核兵器をつくるのではないか」という批判があるのをかわす目的もあった。ただ、その原子力政策がフランス依存というのも悲しい話だ。

関連ニュース