記事詳細

31日&元日に“大異変”!? 吉野屋、幸楽苑…業界全体に進む「働き方改革」 外食・小売りチェーン営業時間を一斉調査 (2/2ページ)

 年末年始休業の動きは、大手スーパーにも広まりつつある。「マルエツ」は来年の元日を一部店舗を除いて休業すると発表した。同社広報は「元日は特別な販促を行わない限り、平日の売り上げとそこまで変わりはない。一方で人手不足に悩まされる日でもあり、従業員の要望より先に社内でも休業を検討していた」と話す。一方で「課題は、お客さまに休業のお知らせを周知できるかということだ。店舗だけでなく、インターネットでも休業のお知らせを表示するなどしているが、反応を見つつ今後の方針を検討したい」とした。

 首都圏で展開する「サミット」も数年前から導入した元日休業に続き、30年ぶりに2日も休業とした。同社広報によると、社員が家族と過ごし、リフレッシュすることでサービス向上を図る目的だという。ちなみにレンタルビデオ大手のTSUTAYAは通常営業の予定だ。年越しの準備は計画的にしておいたほうがよさそうだ。

関連ニュース