記事詳細

【ぴいぷる】映画監督・野伏翔が拉致被害者家族を描く「めぐみへの誓い-奪還-」 映画という“武器”で北朝鮮と対峙 (1/3ページ)

 ■政治問題ではなく「自分の問題」として考えてほしい

 平成が終わり、新たな時代が始まろうとする今も、昭和時代に起きた拉致問題を解決できないでいる現代日本。そんな現状を憂う民間の有志らが昨年10月から、新たな試みを始めた。

 拉致被害者、横田めぐみさん(54)=拉致当時(13)=や田口八重子さん(63)=同(22)=ら被害者の北朝鮮での苦闘、被害者家族らの救出運動を描いた演劇「めぐみへの誓い-奪還-」の映画化だ。同作の脚本・演出家として、実現に向けて奔走している。

 「これまで拉致問題を取り上げたほかの作品と違うのは、現在の北朝鮮にいる被害者の生活を描いていることです。それがないと、大昔の誘拐事件と若い人が認識してしまいますが、今も監禁されている現在進行形の事件と伝えるため、北朝鮮の現実を描いたことが共感を得ています。それを数多くの人に知らせるため、映画化を考えました」と語る。

 組織的な支えもなく、いわゆる草の根の活動だ。1口2000円からのカンパを募り、製作資金を集めている。

 作品の上演当初も、今と状況は似ていた。

 5人の拉致被害者が帰国した2002年、「こんな大問題があるのか」と衝撃を受けた。講演会に行ったり、専門家や脱北者の話を聞いたりして、「単なる知識や情報ではなく、肌身で感じて自分の問題として扱ってもらうため、ドラマにしよう」と脚本を書き始めた。

関連ニュース