記事詳細

「水戸死ね」書き込んだ茨城県営業戦略部長を直撃 「記憶ないが反省している」

 茨城県の魅力度アップに取り組む同県営業戦略部の部長が、自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」と一時、投稿していたことが分かった。なぜそんな書き込みをしたのか。本人を直撃すると-。

 部長によると、今月5日夜に東京都内で友人と酒を飲み、水戸市に戻った後で書き込んだ。友人限定の公開で、知人からの問い合わせを受けて約2時間後に削除したが、約700人超が閲覧可能だったという。

 部長は11日、夕刊フジの取材に「深く飲んでしまって記憶がない」としたうえで、書き込みの内容について「そんなこと思っているわけがない。なぜそう書いたのかは今思えば不思議だが、乗っ取りの形跡もなかったので自分が書き込んだのだろう」と釈明。「非常に反省している。2度とこのようなことがないようにしていく」と語った。

 営業戦略部は、企業誘致や観光誘客、県産品の販路拡大などの施策推進を担当する部署で、知事の肝いりで昨年4月に新設された。民間シンクタンクの都道府県別魅力度ランキングで6年連続最下位にとどまっている県のイメージアップも急務だが、思わぬところで注目を集めてしまった。

関連ニュース