記事詳細

「トランプ辞任」の偽新聞、ワシントンでばらまかれる

 フェイクニュースか、はたまた恐怖新聞か。「トランプ米大統領辞任」を伝えるワシントン・ポスト紙に酷似した偽新聞が16日、首都ワシントンの複数箇所でばらまかれた。ワシントン・ポストは「本紙とは無関係」と強調し、事実関係を調査するとの声明を出した。

 偽新聞の日付は2019年5月1日。1面に「大統領ではなくなった」との大きな見出しにトランプ氏らしき人物の写真を掲載。「トランプ氏は大慌てでホワイトハウスを去り、危機は終わった」「世界中がトランプ政権の終わりを祝う」との見出しも並んだ。

 記事は「巨大な女性主導の抗議」が米国で起きる中、トランプ氏は「偽ニュースが悪い」などと書き殴ったナプキンを大統領執務室に残し、ロシアが編入したクリミア半島のヤルタに向かったとした。後任の大統領にペンス副大統領が就任したとし、ペンス氏とみられる写真も載せた。

 米メディアによると「イエスメン」を名乗るグループが偽新聞作成を認め、メンバーの1人が「トランプ氏の弾劾を実現する草の根運動の一環だ」と語ったという。