記事詳細

【新・カジノ情報局】IR誘致本格化!大阪に続く候補地はどこ? 北海道初の誘致イベントに海外事業者も関心 (1/2ページ)

★松井政就vs片山真新春対談(下) 

 片山真(ギャンブルライター) 年明け早々からIR誘致に動きがあったね。

 松井政就(作家) はい。米IR大手・MGMリゾーツ・インターナショナルのJ・ムーレン会長兼CEOが大阪府知事、市長を訪ねました。そこで「大阪が一番だ」と。

 片山 誘致レースでリードする大阪がさらに強力な後ろ盾を得た。

 松井 ぼくがこの連載でムーレン氏を単独インタビューしたのが2015年の春でした。日本の法整備があれだけ足踏みしたのに、よくぞ粘り強くついてきてくれました。

 片山 ズバリ、日本に賭けてたわけだ。続いて、札幌で『北海道IRショーケース』が開かれた。別掲のトピックスのとおり、海外IR事業者が7社も出展。しかも各社、だんだんと手の内を見せるようになってきた。当然、盛り上がるよね。

 松井 高橋はるみ北海道知事がこの夏に転身して、参議院選に出馬します。次の知事がIR誘致をどう考えるかで、方向がガラッと変わりますよ。

 片山 だからって、現時点で大阪、北海道より有力な候補地があるかい?

 松井 ヨ・コ・ハ・マですよ、横浜!

 片山 何言ってんの。長く横浜の港を仕切ってきた“ハマのドン”が「カジノ反対」に回ってること。これ、常識でしょ。

 松井 そこはカジノの世界。

 片山 ん?

 松井 ブラフです。ぼくはドンが一世一代のブラフをかましてると読んでます。カジノ抜きではIRが成り立たないこと、知らないわけないですから。

 片山 そうかなぁ? 残るは同じ首都圏の東京。まだ可能性は消えていないと思うんだが。

関連ニュース