記事詳細

“狂乱”韓国に安倍政権『制裁発動』決断か レーダー交渉打ち切り通告、識者「制裁に踏み切るべきときがきた」 (1/3ページ)

 韓国の狂乱状態が止まらない。同国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に「敵対行為」といえる火器管制用レーダーを照射した問題で、防衛省は21日、決定的証拠といえる「探知音」と「最終見解」を公表したが、韓国国防省は「機械の音だ」「深い遺憾を表明する」などと、相変わらずシラを切り続けているのだ。韓国とは、いわゆる「元徴用工」の異常判決もある。河野太郎外相と、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は23日、スイスで日韓外相会談を行う。韓国側の対応を受けて、安倍晋三政権は近く、「制裁発動」の最終決断を下しそうだ。

 防衛省は21日夕、火器管制用レーダーを照射された際、海自哨戒機で記録された電波信号を変換した「探知音」を公開した。一般的な捜索用レーダーの探知音も合わせて公表し、両レーダーの違いを明確にした。

 当初、ロックオンされた事実を哨戒機の乗務員に伝える「警告音」を公開するとの見方もあったが、世界各国の「軍事のプロ」が聴いて、「韓国海軍が火器管制用レーダーを使用した」と認識できるよう、「探知音」の公開に踏み切った。

 「最終見解」では、韓国側が説明を二転三転させ、データに基づく検証に応じない状況を詳述し、「これ以上協議を継続しても真実の究明に資するとは考えられない」として、韓国との協議を打ち切った。「嘘つき国家とは話ができない」と引導を渡したわけだ。

 自衛隊幹部も「今の韓国軍を『友軍』と呼ぶことはできない」と明言した。この「最終見解」は日本語と英語、韓国語で公表した。

 ところが、隣国は「黒を白」と言い続けている。

関連ニュース