記事詳細

岩屋防衛相「日韓、未来志向」強調も…自民党内から厳しい声 レーダー照射問題 (2/2ページ)

 「自衛官が危険な目にあったのに、韓国軍と本当に連携できる状況なのか。防衛省は『防衛協力の継続に努力する』というが、努力すべきは韓国ではないか」

 ある議員は、部会に出席した岩屋氏の面前でこう訴えた。別の議員も「日韓の連携が重要とのことだが、敵か味方かわからない存在と協力する方が危ない」と指摘し、当面の防衛交流中止を求めた。「防衛交流の継続は確実に政権批判につながる」といった声も上がった。

 岩屋氏は日韓防衛協力の意義を強調する一方で「タイミングや中身にもよる。適切に判断していきたい」と縮小の可能性に含みを残し、部会を途中退席。厳しい声が相次いだことについて周辺にこうぼやいた。

 「自民党の国防部会だからね」(産経新聞)

関連ニュース