記事詳細

【スクープ最前線】トランプ政権、韓国と決別か 米朝会談で“韓国外し”提案 「米国は文政権を信じない」 (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が5日夜(日本時間6日午前)、上下両院合同本会議で行う一般教書演説が注目されている。議会民主党と激突する「メキシコ国境の壁建設」などに加え、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談の場所と日程が発表されるとの見方があるのだ。トランプ政権は、自由主義世界の脅威である「共産主義・独裁」の中国と対峙(たいじ)するため「同盟・友好国の選別」に入った。「従北・親中・反日・離米」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は現在、崖っぷちに立たされているという。ジャーナリスト、加賀孝英氏の最新リポート。

 「とてつもなく進展している」

 トランプ氏は1月31日、ホワイトハウスで記者団に対し、2月末にベトナムで開催予定の、2回目の米朝首脳会談について自身満々、こう語った。

 国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表も同日、カリフォルニア州のスタンフォード大学で講演し、マイク・ポンペオ国務長官が昨年10月に訪朝した際、正恩氏本人から、プルトニウム製造やウラン濃縮の施設の解体と破棄を「確約された」と、初めて明かした。

 ただし、「不測の事態(=非核化交渉の決裂)に備える必要がある」とも語り、軍事攻撃や制裁再強化をチラつかせて、北朝鮮を脅した。当然だ。

関連ニュース