記事詳細

日大悪質タックル 内田前監督らの指示は認めず 書類送付へ

 日大アメフト部の悪質タックル問題で、警視庁が傷害容疑で内田正人前監督(63)と井上奨前コーチ(30)の捜査結果を近く東京地検立川支部に書類送付する方針を固めた。明確な傷害の意図を持った指示は認定しない見通しで刑事責任を問うのは難しいとみられる。警視庁は同容疑でタックルした宮川泰介選手(20)は書類送検する方針。