記事詳細

トランプ大統領、5月26日来日で新天皇と会見へ 「ノーベル賞推薦」安倍首相、否定せず (1/2ページ)

 日米両政府が、ドナルド・トランプ米大統領の日本への公式訪問について5月26日から28日までとする案を軸に検討に入った。日本政府は国賓として招待しており、皇太子さまが5月1日に天皇に即位後、最初に会見される国賓となる見通しだ。安倍晋三首相は、トランプ氏をノーベル平和賞に推薦したとされ、外交的駆け引きが展開されているようだ。

 トランプ氏は6月28、29日に大阪で開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議にも出席する予定で、米大統領の短期間で連続して来日するのは異例。5月の来日時には、宮中晩餐(ばんさん)会や、安倍首相との日米首脳会談のほか、日米首脳によるゴルフ外交なども調整している。

 これには計算がある。

 日本政府は、中国の習近平国家主席にも6月のG20首脳会議時に加え、秋に国賓として迎える「年2回来日」を中国側に打診している。

 日米同盟を外交・安全保障の基軸とする日本政府としては、トランプ氏を「新天皇の国賓第1号」としたかったようだ。

関連ニュース