記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】大人としての責任…飲食店の不適切動画に厳罰対処を! 「成人18歳」にしてホントに大丈夫? (2/2ページ)

 この不適切動画炎上騒動の下地としては、飲食店やコンビニなどが、アルバイトに頼り過ぎている実情があります。ある飲食チェーンでは、アルバイト率が90%に迫る勢いだそうです。これじゃ、職場は無法地帯です。

 正社員がおらず、派遣社員とバイトばかりの社会が作り出した、無責任な職場環境。これが「バカッター」を、次々に生み出した要因です。

 こうなると飲食店側は、厨房やスタッフルームに監視カメラを設置するなどの措置を取るでしょう。けど監視カメラは、問題提起されたら見るだけで、内部的にはほとんど効果なしです。

 今後、レストランは、オープンキッチンにして、作業を見せるしかないです。そういう意味で、寿司や鉄板焼きは、カウンターで調理するから、よくできている業態ですよね。あとは、お好み焼きや焼き肉などの、客が自分で調理するレストランが、繁盛するかもしれません。

 こんな世間知らずな子供ばかり増えているのに、安倍政権はホントに18歳から、成人にしていいんでしょうか? そこが甚だ疑問です。

 ■木村和久(きむら・かずひさ) コラムニスト。本連載と日刊SPA!の連載をまとめた近著「50歳からのかろやか人生」(雷鳥社)が発売中。

関連ニュース