記事詳細

米司法省「露疑惑」共謀認定せず…司法妨害は判断見送り トランプ氏「完全に無実だ」

 米司法省は24日、ロバート・モラー特別検察官が提出したロシア疑惑捜査報告書について、2016年の米大統領選をめぐるドナルド・トランプ大統領の陣営とロシアの共謀を認定しなかったと明らかにした。トランプ氏が疑惑捜査を司法妨害した疑いについては判断を見送った。ウィリアム・バー司法長官は24日、議会に書簡を送り、捜査結果の概要を説明した。

 書簡は共謀疑惑に関し、「特別検察官の捜査は、トランプ陣営や関係者らが大統領選に影響を与えるためにロシアと共謀したり協力したりしたことは確認していない」と結論付けた。司法妨害の疑惑は、モラー氏が報告書で「大統領が犯罪に関与したと結論付けないが、免責もしない」と言及したと明らかにした。

 民主党は概要の説明だけでは不十分だとして、報告書全文の公開を要求。バー氏が公開を拒否した場合、強制力のある召喚状を出して全文の議会提出やモラー氏の議会証言を求める構えだ。

 トランプ米大統領は24日、「共謀や司法妨害はなかった。完全に無実だ」とツイッターに投稿した。(共同)