記事詳細

他人のPCで仮想通貨採掘、無罪 横浜地裁

 自身が運営するウェブサイトに、閲覧した人のパソコンを仮想通貨のマイニング(採掘)に無断利用するプログラム「コインハイブ」を設置したとして、不正指令電磁的記録保管の罪に問われたウェブデザイナーの男性(31)に、横浜地裁は27日、無罪判決を言い渡した。求刑は罰金10万円だった。

 本間敏広裁判長は、コインハイブが不正な指令を与えるウイルスではないと判断。「プログラムを設置した被告に刑事罰を与えるのは行き過ぎだ」とした。