記事詳細

トランプ氏の別荘に侵入、中国人女を起訴 「マルウエア」入りUSBなど所持

 米南部フロリダ州パームビーチにあるトランプ米大統領の別荘「マールアラーゴ」に3月30日、女(32)が侵入、拘束され、米検察当局が起訴していたことが分かった。女は中国の旅券2冊と、コンピューターの不正な動作を引き起こすプログラム「マルウエア」入りのUSBメモリー、携帯電話4台、ノートパソコン、外付けハードディスクのような機器を所持していた。

 トランプ氏はマールアラーゴに滞在中だったが、事件当時は不在だった。

 米メディアによると、女の名前は「ユージン・チャン」。会員制の高級リゾートホテルでもあるマールアラーゴの入り口で、女は「プールへ行く」と告げたところ、同じ姓の会員が実在したため、警備担当者は女が会員の家族だと勘違いして敷地内に立ち入らせた。

 その後、受付などで、「国連中国系米国人協会」のイベントに出席するために来たと主張、中国語で書かれた招待状とされる書類も示したが、そうしたイベントは予定されていなかった。

 拘束された後は、「中国人のチャールズという友人にいわれて上海からフロリダを訪れた。トランプ氏の家族と米中外交政策について話すよう指示された」と説明を変えた。最初は英語がよく理解できないふりをしていたが、実際には流ちょうに話せたという。

関連ニュース