記事詳細

麻生&二階、地元で大敗! 足腰ボロボロ…求心力低下で政治力に陰り 消費増税延期の後押しに? (1/2ページ)

 統一地方選の前半戦となる11道府県知事選、6政令市長選、41道府県議選、17政令市議選が7日、投開票された。「自民党の堅調」が指摘される一方、党内実力者の政治力の陰りがあらわになった。麻生太郎副総理兼財務相は地元・福岡で、竹下亘前総務会長は同じく島根で、推薦した知事候補が敗れた。二階俊博幹事長も、地元の和歌山県議選で痛打を浴びた。麻生氏の敗北は、景気動向が懸念されるなか、消費税増税延期の後押しにもなりそうだ。

 「誠にふがいなく、われわれの力不足だった。期待に応えられず、おわび申し上げる…」

 麻生氏は7日夜、福岡県知事選で擁立した武内和久氏の惨敗の知らせに、憔悴(しょうすい)しきった様子でこう頭を下げた。

 もともと、麻生氏は現職の小川洋氏の後ろ盾だったが、2016年秋の衆院福岡6区補欠選挙を機に対立を深めた。劣勢と分かっていながら、安倍晋三首相に直談判をして、武内氏への党推薦を手にした。

 こうした強引な政治手法は、県連内でも反発を招いた。

 同県選出の党国会議員の半数以上と、政界の第一線を退いた山崎拓元副総裁、古賀誠元幹事長らが「麻生包囲網」を敷いた。選挙戦最終盤では、山口、福岡両県を結ぶ「下関北九州道路」事業をめぐり、麻生氏の元秘書である塚田一郎前国交副大臣による「忖度(そんたく)」発言も飛び出し、決定的となった。

 今後、中央政界でも、麻生氏の求心力低下は避けられそうにない。

関連ニュース