記事詳細

空自戦闘機がレーダーから消える 太平洋上で墜落か

 9日午後7時30分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが、同基地の東約135キロ付近の太平洋上を飛行中、レーダーから機影が消えた。墜落した可能性があり、乗員1人が行方不明となっている。防衛省は救難機を派遣し、詳しい状況を調べている。

 岩屋毅防衛相は記者団に「まずは捜索、救助に全力を尽くす」と述べた。船舶などへの被害は確認されていないという。空自によると、F35Aは夜間の対戦闘機戦闘訓練をするため、午後7時ごろ4機で三沢基地を離陸し、その後、消息を絶った。

 F35Aは老朽化したF4戦闘機の後継機で、昨年1月に三沢基地に初めて配備された。その後、追加配備され、今年3月に12機、80人態勢で飛行隊が新設されたばかりだった。政府は将来的にF35Aを計105機配備することにしており、調達に影響する可能性がある。岩屋氏は当面の間、F35Aの飛行を停止する方針を示した。(産経新聞)