記事詳細

ゴーン容疑者の妻・キャロルさん、東京地裁で証人尋問へ

 オマーンの販売代理店に支出した日産自動車の資金を私的流用したとして、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前日産会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の妻、キャロルさんについて、初公判前の証人尋問が11日に東京地裁で実施される。

 資金の一部が、レバノンの投資会社を通じてキャロルさんが代表を務める会社「BY」(英領バージン諸島)に渡った疑いがあり、検察官が裁判官立ち会いの下、入金の経緯や使途に関し説明を求めるとみられる。キャロルさんは5日にフランスへ出国したが、10日までに日本に戻った。

 刑事訴訟法は、事情聴取を拒否した人物が捜査に欠かせない知識を持っている場合、検察官は初公判前に限って証人尋問を実施するよう裁判所に請求できる。

 レバノンの投資会社は、ゴーン容疑者の知人だった弁護士が運営していたが、死後にその助手が引き継いでいたことが判明。東京地検特捜部は、助手がゴーン容疑者側に「BY」への資金移動を報告したとみられるメールを入手。私的流用を示す重要な証拠とみている。

関連ニュース