記事詳細

【スクープ最前線】「ハァ!?」トランプ氏、文氏に激怒! 米韓2分会談の内幕を米政府関係者暴露…韓国「会談成果ゼロ」で国際的に孤立 (3/3ページ)

 ■安倍首相は日韓首脳会談見送りへ

 以下、日米情報当局から入手した情報だ。

 「北朝鮮は、中朝国境にフェンスをつくり、監視カメラを設置し始めた。脱北者対策ではない。目的は明らかに、CIA工作員や『自由朝鮮』の活動家の、北朝鮮国内への侵入を防ぐためだ」

 「正恩氏の命令を受けた秘密警察が、クーデター計画の参加者は『ネットで連絡を取り合っている』と見て、飢餓に苦しむ軍と人民に『外国のネットを見ている人間を教えろ。賞金を払う』と、密告を煽っている」

 そして、続く情報はこうだ。

 「『自由朝鮮』のメンバーの正体は『脱北者をたたけば分かる』と、北朝鮮が『脱北者狩り』に走っている。重要な脱北者情報が、信じられないことに韓国から北朝鮮にダダもれになっている。米国は韓国の裏切りに激怒している」

 こうしたなか、安倍晋三首相は6月に大阪で開くG20(20カ国・地域)首脳会合の際、文氏との個別の首脳会談を見送る方向で検討に入ったという。

 大賛成だ。韓国はいまだに日本を敵視し続け、韓国国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」や、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射事件の謝罪すらしていない。断固見送るべきだ。トランプ氏は2分間だけでも激怒し、文氏に三くだり半を突きつけた。会っても成果はゼロだ。不愉快になるだけだ。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。

関連ニュース