記事詳細

長嶋茂雄氏、小池一夫さんを追悼「まだ若いのに残念です」

 肺炎のため、82歳で死去した漫画の原作者で作家の小池一夫さん。「子連れ狼」「クライングフリーマン」といった作品で知られ、勃起のことを「エレクチオン」と独特の言葉で表現するなど、漫画の世界に大人の世界を織り込んだ唯一無二の存在だった。

 親交の深かったプロ野球巨人、長嶋茂雄終身名誉監督(83)は「突然のことで驚いています。まだ若いのに残念です。小池さんが闘病生活に入られてからはお会いできる機会もなかったのですが、ゴルフが思い出深いですね。お互いの時間が合えばすぐ『ゴルフ』と言う仲間でした。心からご冥福をお祈りします」とコメント。

 後進育成にも注力し、「小池一夫劇画村塾」からは多くの才能を輩出。「北斗の拳」の漫画家、原哲夫氏(57)は「まだ右も左も分からない時に、漫画の基本と道筋を示してくださった大恩人です」。

 やはり同塾出身で「うる星やつら」などで知られる高橋留美子氏(61)も「はつらつとしたお姿が思い出されます」と追悼した。