記事詳細

池袋事故引き起こした87歳の大暴走 車に不具合なく…「高齢者運転」のリスクとは (1/2ページ)

 東京・池袋で19日に乗用車が暴走して31歳と3歳の母子の命を奪った事故で、車を運転していたのは、87歳の元通産官僚の男性だった。車に不具合は確認されず、警視庁は運転操作ミスの可能性を視野に捜査している。男性に持病はないが、運動能力が低下する高齢者の運転にはリスクが潜む。免許更新にあたり、厳格な医療検査を導入すべきとの意見もある。

 「まさかうちの孫娘とひ孫だなんて…」。

 事故で松永真菜さん(31)と長女、莉子ちゃん(3)が亡くなったことを知り、莉子ちゃんの曽祖父は悲嘆に暮れた。

 曽祖父は莉子ちゃん一家と同じビルで暮らし、事故当日の19日朝も2人と顔を合わせた。いつもと変わらず「『おじいちゃん、おはよう』とあいさつしてくれた」といい「一番悲しいのは(莉子ちゃんの父親である)孫だ」と声を絞り出した。

 事故を起こした車を運転していた男性について、20日付の読売新聞朝刊は、旧通産省工業技術院の元院長と報じた。元院長は1953年に通産省に入り、89年に退職後、機械メーカー「クボタ」で副社長などを務めた。2017年に運転免許を更新した際、認知機能検査で異常はなかったという。

関連ニュース