記事詳細

トランプ米政権、対中追加関税を発動…輸入品22兆円分に25% 中国報復へ貿易戦争ドロ沼化 (1/2ページ)

 トランプ米政権は10日午前0時1分(日本時間午後1時1分)、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)分に対する追加関税率を10%から25%に引き上げる措置を発動した。9日の米中閣僚級貿易協議は決着せず、10日に交渉を持ち越したが、関税引き上げを先行させた。中国は報復措置を講じる方針で、貿易戦争はドロ沼化しそうだ。

 対象は家具や家電を含む約5700品目。9日までに中国を出た輸出品は10%のまま据え置く。船便は数週間かかるため、適用が猶予される。

 中国商務省は10日、「必要な対抗措置を取らざるを得ない」との報道官談話を発表した。

 9日の閣僚級協議には、米側からライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官、中国からは劉鶴副首相が参加した。米ホワイトハウスは閣僚級協議を当初の予定通り10日も開催すると発表した。

 9日の協議に先立ちトランプ氏は、週内にも中国と合意する「可能性がある」とし、中国の習近平国家主席と電話会談する考えを示した。習氏から解決に「一緒に取り組みたい」とする書簡を受け取ったとも明かした。