記事詳細

中国暴挙!「ウィキペディア」全言語アクセス遮断 天安門事件30年を前に露骨な言論統制 (1/2ページ)

 民主化運動が武力弾圧された1989年6月4日の天安門事件から間もなく30年を迎えるのを前に、中国当局の露骨な言論統制が始まった。オンラインの百科事典として知られる「ウィキペディア」へのアクセスが中国で全面的に遮断されたのだ。当時の民主化運動の関係者も出国を禁止されるなど、当局による監視態勢が一段と厳しくなってきた。

 18日付の産経新聞によると、ウィキペディアを運営するウィキメディア財団が17日、明らかにした。ウィキペディアの中国語版は2015年から閲覧できなくなっていたが、英語やフランス語など他の全ての言語で利用できなくなった。財団によると、今回の措置に関する事前の通告や説明はなかったという。

 ネット利用者が8億人に上る中国では、民主化運動や少数民族問題などに関する情報が国内に流入するのを防ぐため、当局がネット検閲システムを構築。米ツイッターやフェイスブック、ユーチューブへのアクセスを遮断している。グーグルの検索エンジンも利用不可能だ。天安門事件については、「暴乱」と位置付ける当局の公式見解以外はネットで閲覧できない。

関連ニュース