記事詳細

自民・石破氏、パーティー欠席の安倍首相を牽制「何かの強い思いがあったかは知らない」

 自民党の石破茂元幹事長は21日夜のBS-TBS番組で、安倍晋三首相が13日の石破派(水月会)のパーティーを欠席したことについて、石破氏が昨年9月の党総裁選で45%の党員票を獲得したことを挙げて「そういう所に顔を出してもらったら、もっとうれしかった。自民党は党員を基盤とする党だ」と牽制(けんせい)した。

 石破氏は首相が出席を見送った理由について「公務があったか、何かの強い思いがあったかは知らない」と述べた。

 首相は石破派パーティーの時間帯に、地元山口県の関係者と都内で会食していた。(産経新聞)

関連ニュース