記事詳細

韓国に“弱腰”岩屋防衛相へ批判集中! 自民・国防族の怒り爆発「笑顔で握手…怒りを禁じ得ない」 (2/2ページ)

 宇都氏は「レーダー照射問題などのカタが付かない限り、韓国との『未来志向』はない」と言い切ったが、当然だ。

 防衛省幹部は「岩屋大臣には『日韓でいろいろな問題があるからこそ、会談すべきだ』との思いがあった。レーダー照射を棚上げしたのではない」と説明したが、国防の現場では「弱腰大臣」への幻滅と失望が広がっている。

 小野寺五典前防衛相は終了後、「しっかりと日本の持つ懸念を相手に申し伝えることが大事だ。防衛省が正確な情報を出しても、韓国からは恣意(しい)的な反論が返ってくる。相手に変に利用されてはダメなのだ」と、記者団を通じて苦言を呈した。

関連ニュース