記事詳細

「韓国の外交史を学ぶ見学ツアー」に同行して感じたモヤモヤ (1/5ページ)

 戦後最悪の状況が続く日韓関係。彼の地では、現状をどう受け止めているのか。日本の外務省にあたる韓国外交部の関連施設で「韓国の外交史を学ぶ見学ツアー」に遭遇したソウル在住ジャーナリストの藤原修平氏が報告する。

 * * *

 サムスン財閥のオフィスビル2棟がそそり立つ江南駅(韓国・ソウル市)から南に約1キロ、閑静な住宅街の入り口に、韓国外交部傘下の「国立外交院」はある。

 「教育」と「研究」の二つを活動の柱とする機関で、研究分野では全世界の国際関係を対象にしており、その成果を論文としてまとめ研究誌等に発表している。

 教育分野の取り組みは様々だ。韓国外交部の職員を対象とした国際関係や語学の教育を始め、これから外交官を目指す国民を対象にした「外交官候補者課程」、自治体などの高位公務員を対象にした「グローバルリーダーシップ課程」、さらには韓国に駐在する各国からの外交官向けに「外国外交官教育課程」が設けられている。

 その国立外交院で一般向けに「外交史展示室」を開放しているというので、足を運んでみた。展示室は敷地内「外交史料館」の中にある。建物一階に入るとまず、来訪者を出迎えるように竹島専用展示スペースが設置されていた。「東海の朝を開く島、独島」というキャッチフレーズが否応なしに目に飛び込んでくる。ちなみに独島は竹島の韓国名、東海は日本海の韓国名である。

NEWSポストセブン

関連ニュース