記事詳細

トランプ大統領、日米安保条約「破棄」に言及か 米ブルームバーグ通信報道

 ドナルド・トランプ米大統領の驚愕(きょうがく)すべき発言を、米ブルームバーグ通信が24日報じた。日米安保条約は不平等だとして、近い人物との私的な会話で「破棄」の可能性に言及したというのだ。日本の外交・安全保障の根幹を揺るがしかねない重大発言だけに、安倍晋三首相としては真意の確認が必要だ。

 同通信によると、トランプ氏が問題発言をしたのは最近といい、米国だけが日本防衛義務を負い「一方的だ」と話したという。

 日米安保条約は、米国が日本の防衛義務を負う一方、日本が米国に基地を提供することになっている。双務的だが、権利・義務が非対称的なため「非対称的双務関係」と指摘する向きもある。

 トランプ氏は以前から「不公平だ」と語っていた。