記事詳細

【国難突破】米中戦争の「長期的展望」と日本の「立ち位置」 わが国が生き延びる道は… (2/2ページ)

 そうだとすれば、米国と今、熾烈に争っているのは、中国人共同体としての中国国家ではなく、中国共産党でさえなく、実は習近平政権だけなのではないか。習政権が、自らの政権基盤の不安定さを克服するために、社会信用システムの導入などの「危険な独裁」を強化しつつ、米国との「拙速な競争」に暴走しているだけなのではないか。

 逆に言えば、中国そのものにとっては、もはや「米中戦争の長期的勝利」の見込みは立ちつつあるのではないか。もちろん、全面勝利である必要はない。共存しながら世界の主導権を米中で二分するか、中国側がより優位に立てればいい。

 もしこれが現実ならば、米中戦争は論評の対象ではなく、その中で、「私たち自身の立ち位置をどうすべきか」という死活的テーマということになる。

 私見は次の通りだ。

 日本は自らの国力を最大化しつつ、劣位を取りつつある米国と事実上連合化し、中国による「技術と独裁の結託」の防衛ラインとなる、その道しかない。

 日本が、技術・経済大国へ自己再建するか否かは、自由主義圏を守れるかどうかの砦(とりで)だ。世界史的な視野に立てば、そのほかに、わが国が生き延びる道はないと私は思う。

 ■小川榮太郎(おがわ・えいたろう) 文芸評論家。1967年、東京都生まれ。大阪大学文学部卒。埼玉大学大学院修了。国語や文学の衰退など日本人の精神喪失に対して警鐘を鳴らす。一般社団法人「日本平和学研究所」理事長を務める。第18回正論新風賞を受賞。著書に『徹底検証 安倍政権の功罪』(悟空出版)、『左巻き諸君へ! 真正保守の反論』(飛鳥新社)、『平成記』(青林堂)など多数。

関連ニュース