記事詳細

自民・石崎議員、秘書に暴行か 男性は新潟県警に被害届提出

 自民党の石崎徹衆院議員(35)=比例北陸信越=から殴られるなどの暴行を受けたとして、30代の男性秘書が6月上旬、新潟県警に被害届を提出していたことが18日までに、関係者への取材で分かった。

 県警は今後、詳しく調べる方針。石崎氏の事務所は17日夜の時点で、共同通信の取材に回答していない。

 関係者によると、男性は新潟市内で、5月から複数回にわたり、石崎氏から殴る蹴るの暴行を受けたと訴えている。

 石崎氏は財務省職員を経て2012年12月の衆院選で初当選し、現在3期目。