記事詳細

米巡洋艦が台湾海峡通過 中国の軍事的圧力を牽制か

 米第7艦隊は24日、米海軍のミサイル巡洋艦「アンティタム」が24、25日(現地時間)に台湾海峡を通過したと明らかにした。中国の習近平体制は24日に発表した国防白書で、台湾独立の動きには武力行使を辞さない姿勢を表明しており、海峡通過は台湾に対する中国の軍事的圧力を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 第7艦隊のドス報道官は声明で「海峡通過は国際法を順守して行われた」とした上で、「米艦による台湾海峡の通過は自由で開かれたインド太平洋への米国の取り組みを示すものだ」と指摘。「米海軍は国際法で許されたあらゆる場所で飛行し、航行し、作戦行動をとる」と強調した。

 米海軍は今年に入り、1~2カ月に1回の割合で台湾海峡に米艦を派遣。5月にもイージス駆逐艦1隻と給油艦1隻が台湾海峡を通過した。

関連ニュース