記事詳細

【勝負師たちの系譜】プロ棋士を間近で見られる公式戦! 「JT杯日本シリーズ」 (1/2ページ)

★JT杯日本シリーズ

 夏休みは将棋ファンにとって、プロ棋士を間近で見ることができる、交流できる、絶好の季節である。

 その一つに、将棋まつりがある。今年は8月2日からの3日間、40年以上続いている「東急将棋まつり」が、東京・渋谷の東急東横店(子供大会は本店)で開催される。

 会期中は、永瀬拓也叡王-羽生善治九段戦、広瀬章人竜王-渡辺明三冠戦をはじめとする席上対局、指導対局、サイン会、トークショー等、様々なプログラムで楽しむことができる。しかもサイン会など一部の催し以外は、無料である。

 東急百貨店は、札幌店でも8月12、13日の2日間で開催される。

 また、女流の清麗戦、王位戦のタイトル戦の大盤解説会は、対局日に開催されるので、日本将棋連盟のホームページ等を見て頂きたい。

 もう一つ、やはり公式戦が見たいというファンには、JT杯将棋日本シリーズがある。JT杯はファンの前で指す公式戦で、今年で40回になる。

 出場棋士はタイトル保持者と、賞金ランキング上位のわずか12人で、6月から全国各地を回り、11月に東京での決勝戦で終わる。

 今期は6月22日の金沢大会から始まり、私は地元でもあり、夏休みに入って最初の静岡大会に出かけた。

関連ニュース