記事詳細

米国家情報長官を交代へ トランプ大統領がツイッターで発表

 トランプ米大統領は28日、中央情報局(CIA)などの情報機関を統括するコーツ国家情報長官が8月15日付で退任するとツイッターで発表した。北朝鮮やイランの情勢分析で、両者の意見の相違が表面化、ぎくしゃくした関係が伝えられていた。後任にはトランプ氏に近い共和党のラットクリフ下院議員を指名する。

 コーツ氏は2017年3月に国家情報長官に就任した。今年1月の議会公聴会では、北朝鮮の非核化に悲観的見解を表明。2月の米朝首脳会談で交渉進展をアピールしようとしていたトランプ氏が不満をあらわにした。イランについてもコーツ氏は核開発を続けているとは考えていないと述べ、トランプ氏との情勢認識の不一致が浮き彫りとなっていた。

 トランプ氏はツイッターで、コーツ氏に謝意を表明した上で、ラットクリフ氏について「国を偉大に導いてくれるだろう」と述べた。(共同)