記事詳細

“トランプ砲”炸裂か! FRBに「1%利下げ」「量的緩和」要求

 金融市場に「トランプ報」炸裂か。トランプ米大統領は19日、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策に関し「かなり短い期間に少なくとも1%利下げすべきだ」とツイッターに投稿した。

 トランプ氏は同時に量的金融緩和も要求。「そうしたことが実現すれば、米経済はより良くなるし、世界経済も速やかに改善する」と指摘した。

 パウエルFRB議長は就任当初、金融引き締め姿勢だったが、トランプ大統領は議長更迭をちらつかせるなど厳しく批判。FRBは7月に0・25%の利下げを決めた。

 パウエル議長は今月23日、西部ワイオミング州ジャクソンホールで講演する予定で、追加利下げに言及するかどうかが注目されている。その前に改めて圧力をかけた形のトランプ大統領に対し、どう反応するのか。