記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】製造業の落ち込み傾向、さらに顕著に? 貿易戦争長期化が死活問題…中国撤退を迫られる企業も (1/2ページ)

 4~6月期の法人企業統計は、製造業の設備投資が前年同期比6・9%減の3兆6156億円で2年ぶりの減少となった。経常利益も非製造業を含む全産業(金融・保険業を除く)で12・0%減と大幅に落ち込んでいる。企業業績や景気の見通しが急変しているのか。

 金融業と保険業を除く全産業の設備投資額は前年同期比1・9%増の10兆8687億円だった。プラスは11四半期連続で、このうち製造業は6・9%減、非製造業は7・0%増だった。

 全産業の売上高は前年同期比0・4%増の345兆9119億円で、うち製造業が1・2%減、非製造業は1・0%増。経常利益は12・0%減の23兆2325億円で、うち製造業が27・9%減、非製造業は1・5%減となっている。

 こうしてみると、製造業の落ち込みだけでなく、全産業でも最近になって勢いがなくなっているのが分かる。

 ただし、国内総生産(GDP)改定値を算出する基礎となる季節調整した前期比の全産業の設備投資額は1・5%増だった。このため、9月9日に公表されるGDP2次速報は、1次速報と大きな差異はないものと考えられる。

 その理由の一つとして、今回の法人企業統計で公表方法が一部変更されたことがある。これまで季節調整済みの前期比の数値は、ソフトウエアへの設備投資を除いて算出していたが、今回から含めることになった。

関連ニュース