記事詳細

韓国“タマネギ夫婦”逮捕秒読み!? 捜査ついに“本丸”へ…検察がチョ氏の自宅捜索 識者「チョ氏が自ら辞任しなければ…」 (1/2ページ)

 疑惑捜査はついに“本丸”へ。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近で、そのスキャンダルの多さから“タマネギ男”と称されるチョ国(チョ・グク)法相の自宅をソウル中央地検が23日、家宅捜索した。現職法相の自宅に強制捜査が入ったのは韓国で初めてだという。

 公職者の直接投資を禁じる公職者倫理法違反や、妻で大学教授のチョン・ギョンシム被告=私文書偽造罪で在宅起訴=による証拠隠滅を幇助(ほうじょ)した疑いなど、チョ氏本人の立件を視野に入れた捜査だとの見方を韓国メディアは伝える。夫妻の逮捕もあるのか。

 法相夫妻をめぐっては、検察が捜査に着手後、チョン被告がパソコンのハードディスクの交換を依頼し、チョ氏も交換作業をした証券会社社員に「妻を助けてくれてありがたい」との趣旨の言葉を掛けたとの証言が浮上している。

 チョン被告はすでに在宅起訴され、親族も逮捕される事態に陥っているが、チョ氏本人に関する新たな疑惑も浮上した。すでに任意提出されたハードディスクからは、チョ氏の娘や息子らがソウル大の傘下機関でインターンシップをしたとの証明書が虚偽で、その発行にチョ氏が関わったとの疑惑も報じられた。娘はソウル大主催のセミナーにも1日しか出席していないという。

関連ニュース