記事詳細

「おまえの家にダンプ突っ込ませる」関電が40年間脅え続けた“森山地獄” 金品を返そうとすると「倍返し」 (1/2ページ)

 関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から約3億1845万円相当の金品を受け取っていた問題。国会議員にも広い人脈を持つという森山氏からの現金や金貨、小判の受け取りを断ると「おまえの家にダンプを突っ込ませる」と脅された。岩根茂樹社長(66)は「『森山案件』は特別でおびえてしまった」と述べ、約40年にわたる呪縛があったと明かす。

 「山吹色の菓子」は時代劇だけではなかった。2016年に社長となった岩根氏は、就任祝いとして森山氏から菓子折りが入った袋を受け取った。面会を終えて中を確認すると、袋の底には金貨10枚(150万円相当)。秘書に「金庫に保管してくれ」と指示したが、返却したのは森山氏側に税務調査が入った後の昨年2月だった。

 森山氏から受け取った金品の内訳は、現金が計1億4501万円、商品券が計6322万円、金貨が計4949万円相当、スーツ仕立券が計3750万円相当、米ドルが計1705万円相当、金杯が計354万円相当、金500グラム240万円相当、小判形の金計3枚計24万円相当。

 関電幹部らが返そうとすると、森山氏は「無礼者」「おまえ、誰に向かって言うてんねん」「わしを軽く見るなよ」と声を荒らげた。返却した金品を次に「倍返し」されることもあったという。

 岩根社長は25年前、京都支店で森山氏と「人権教育という形で会っていた」と話した。「先生」と呼ばれていた森山氏について「わずかなことで急に怒り出し、長時間、叱責、激高することが多々あった」と説明。「おまえの家にダンプを突っ込ませる」「おまえなんかいつでも飛ばせる」「娘がかわいくないのか」などと、罵倒や恫喝(どうかつ)があったとも明かした。

関連ニュース